1998年10月
軽自動車のボディサイズが「長さ3.40m、幅1.48m、高さ2.00m」という規格に変更されたこの年にプレオは誕生しました。スバルでは初のトールワゴンになります。

「さらに豊かに、そして完全に」というラテン語から造られた言葉「プレオ(PLEO)」は“軽自動車の概念を越える、新・コンパクトワゴン”というコンセプトに相応しく、7速マニュアルモードを採用した「i-CVT(インテリジェントCVT)」や「マイルドチャージ&スーパーチャージャーエンジン」など、新しい技術が注ぎ込まれたモデルでした。

ラインナップは商用(バン)タイプの「A」、ワゴンでは「F」「L」「LM」「RM」「RS」となっており、全車にi-CVTを搭載、7速マニュアルモード付きのスポーツシフトCVTは「RM」と「RS」に搭載されました。

またマイルドチャージエンジンは「LM」と「L(i-CVT)」に採用され、スーパーチャージャーエンジンは「RM」と「RS」に採用されています。

1999年6月
クロームメッキのフロントグリル、丸型の4灯ヘッドランプやリヤコンビランプ、ミニライトアルミホイールなどが特徴的なプレオ「ネスタ」が発売され、他のモデルも改良されました。

まず、新しいモデルである「ネスタ」はマイルドチャージエンジンの「G」スーパーチャージャーエンジンの「RG」という2車種で構成され、「RG」には7速マニュアルモードも搭載されています。

また、特徴的な外観だけではなく、インテリアも専用デザインになっていて、高級感あふれるインテリアとしても話題を呼びました。

他のモデルでは「LM」「L」「ネスタRG」「ネスタG」に13インチタイヤが採用されたり、電動格納ドアミラーが「RM」「LM」「ネスタRG」「ネスタG」に採用、「RM」や「ネスタRG」にプライバシーガラスが採用されるなど、少しずつですが豪華な内容になっています。

1999年10月
フルエアロにアルミ、大型のフォグランプなどのスポーティな外観にインダッシュの3連奏CDチェンジャー、リアのプライバシー(スモーク)ガラスなど、豪華&充実の装備が揃った「LS」が新しく発売されました。
また、スポーツモデルである「RS」に4WDが新しく設定されています。

1999年12月
特別仕様車の「Le」が発売されました。エアコン、AM/FMカセットステレオ、キーレスエントリー、パワーウインドゥ、運転席エアバッグなどの充実装備に加え、専用シート地&ドアトリムなどで高級感も増しています。また、ルーフレールが設定された「ルーフレール仕様車」もあります。

2000年5月
プレオ「ネスタ」に「Gスペシャル」という特別仕様車が設定され、「LS」にもサンルーフ付き車が特別仕様車として追加されました。

「Gスペシャル」はエアコン、AM/FMカセットステレオ、キーレスエントリー、パワーウインドゥ、運転席SRSエアバッグが装備され、かなり充実した内容になっています。「LS」のサンルーフ付き車については、他の装備に変更はありません。

また、この年の10月には全車に改良が加えられ、安全性の強化や環境性能も向上されています。その他にも、マイルドチャージエンジン搭載車には、i-CVTの変速比をボタン操作で変えられるエコモードスイッチが採用されるなど、燃費性能も向上しています。

外観では「A」「F」「L」「LM」のバンパーやグリルデザインが変更されて、よりスポーティな顔つきになり、「LS」「RM」はアルミのデザインが変更されています。また、「グロスホワイトパール」や「クラシックローズメタリック」も新色として加えられました。

装備面では「LM」「RM」「ネスタG」「ネスタRG」にシートリフターやマップランプ付オーバーヘッドコンソールが追加、「RM」ネスタRG」にオートエアコンを追加、「LM」や「ネスタG」にCDオーディオ、「LS」にはMD&3連奏CDチェンジャーが追加されています。

2000年12月
文字通り「にこっと」した微笑みをイメージした「ニコット(NICOT)」が発売されました。全体的に丸みを帯びたボディに丸いライト、丸いフォグが装備され、個性的でカワいいデザインのニコットは、専用カラーのチェイスイエロー、ミニライト製のアルミホイールや専用のインテリア、スピードメーターまでも専用デザインとなっています。

2001年1月
もともと充実装備で定評のあった「L」にCDプレーヤー、フォグランプ、リヤ濃色ガラスなど、ニーズの高い装備を追加し、特別仕様車「Lプラスパッケージ」が発売されました。

2001年5月
後々まで根強い人気を誇り、プレオの人気を高めたモデル「RSリミテッド(RS-Limited)」が発売されました。
「RSリミテッド」はDOHC4気筒16バルブスーパーチャージャーエンジンと7速スポーツシフトのi-CVTを搭載したスポーティモデル「RS」をベースに、専用のルーフスポイラーや専用のブラック14インチアルミなどが装備され、よりスポーティになったモデルです。

また、専用MD&3連奏CDチェンジャー&4スピーカーや革巻ハンドル、合皮シフトブーツ、アルミ製スポーツペダル、ブルーセンターパネル&ブルーファンスイッチなど、インテリアの質感も向上して、スポーティになっています。

2001年10月
スポーティモデルである「RS」と「LS」のフロント&リアバンパーデザインが変更され、インテグレーテッドフォグ&ターンランプというフォグとウィンカーが一体となったデザインが採用されました。
また、「RS」についてはスタビライザーの形状変更やエンジンマウントの見直し、専用設計の5速マニュアル車の追加、フットパーキングブレーキ(i-CVT車)の採用など、さらに楽しめる車へと改良されています。

その他、フロントグリルのオーナメントを「スバル エンブレム(六連星:むつらぼし)」へ全車が変更されたり、「RS」にシートリフターやオートエアコン、電動格納式ドアミラーなどが装備されています。
また、「RS」と「ネスタRG」にMD&CDオーディオ(ADDZEST)、「LS」にはMDプレーヤー&6連奏CDチェンジャーが標準装備となっています。

この時にボディカラーにも変更が加えられ、エアリーブルー・メタリック(LS、L、ニコット)、メローレッド・メタリック(RS、LS、L、ネスタG、Gスペシャル)、フロスティローズ・メタリック(LM、L、ネスタRG、G、Gスペシャル、ニコット)、マンダリンイエロー(RS、ニコット)が新色となっています。

2001年11月
プレオの商用(バン)モデルである「A」と廉価なワゴン「F」のルーフ形状やサスペンションの変更により、立体駐車場に対応できる「高さ:1550mm」というサイズになった
「Aスペシャル」と「FⅡ」が発売され、「Aスペシャル」については、装備面では「A」と変わらないにも関わらず、価格も大幅に下げられました。

2002年1月
立体駐車場に対応できる「高さ:1550mm」というサイズの「FⅡ」をベースにパワーウインドウ、集中ドアロック、キーレスエントリー、リヤワイパー、電動リモコンドアミラーなどの快適装備が追加された「Fスペシャル」が発売されました。この「Fスペシャル」には快適装備の充実のほか、ホイールキャップも追加され、よりワゴンぽい外観にもなっています。

この時には2001年1月に発売された「Lプラスパッケージ」にシートリフターなどを追加した「LプラスパッケージⅡ」も発売され、こちらも「高さ:1550mm」という立体駐車場に対応できるサイズになっています。

2002年5月
この年の9月にスバルは4WD発売30周年を迎えるため、それに先立って「リミテッド(Limited)シリーズ」が発売されました。
「リミテッドシリーズ」が設定されたのは「RS」と「LS」「F」の3車種で、それぞれ「RSリミテッドⅡ」「LSリミテッド」「Fリミテッド」とされています。

「RSリミテッドⅡ」にはハイマウントストップランプを内蔵した専用の大型ルーフスポイラー、青みを帯びたブルーリフレクターヘッドライト&フォグランプ、クリアタイプのリアランプ、専用ブラック14インチアルミホイール、革巻ハンドル、アルミ製スポーティペダルなど、かなりスポーティなアイテムが装備され、デザインとしては完成形となっています。
また、WRカーであるスバル インプレッサ WRC2002をイメージさせる「WRブルー・マイカ」が追加設定されました。

「LSリミテッド」は、もともとスポーティよりのデザインの「LS」を「高さ:1550mm」という立体駐車場に対応できるサイズにして、クリアタイプのリアコンビランプ、アンサーバック機能付リモコンドアロックを採用するなど、装備面でも充実させています。

「Fリミテッド」は「高さ:1550mm」サイズの「FⅡ」をベースに価格のみを変更したモデルとなっています。

2002年10月
昨年(2001年)の東京モーターショーに参考出品されたプレオ「SURFING」をモチーフに軽快な走りをイメージさせるスポーティなデザインに変更されました。
また、「L」「F-S」「F」や商用(バン)タイプの「A」、クラシカルなネスタ「E」の車両全高をすべて1550mmに変更し、立体駐車場に対応できるサイズとしています。

また、「RS」がグレー基調のシート表皮に変わるなど、全モデルのインテリアも変更され、質感も向上されています。

このほか、「RS」にハイマウントストップランプ内蔵大型ルーフスポイラー、アンサーバック機能付
リモコンドアロック、革巻ハンドルなどが、「LS」には電動格納ドアミラー、アンサーバック機能付
リモコンドアロックが、「L」にフォグランプ、カラードドアミラー、カラードドアハンドル、CDプレーヤー、運転席シートリフター、電動格納ドアミラー、アンサーバック機能付
リモコンドアロックが、「F-S」に、CDプレーヤー、アンサーバック機能付リモコンドアロックが、ネスタ「G-S」に、ミニライト製13インチアルミホイール、オートエアコン、CDプレーヤー、電動格納ドアミラー、アンサーバック機能付リモコンドアロック、運転席シートリフターなどが、それぞれ標準装備されています。


今回、標準装備された多くのアイテムは、以前の特別仕様車に付けられていたもので、モデルチェンジ前に特別仕様車を購入したユーザーにとっては、少し残念な変更になりました。

2002年12月
充実した装備で定評のある「L」をベースに、13インチアルミホイール、プライバシー(スモーク)ガラス、メタリック色のセンターパネルが追加装備された特別仕様車が発売されました。

上記の特別装備にナビゲーションシステムとCDオーディオも装備したのが「L ナビスタイル」、プレオADDZESTサウンドシステム[MD&CD120Wオーディオ(4スピーカー)]を装備したのが「L MDスタイル」となっています。

2003年5月
ベース車の装備をそのままに、価格のみを抑えているお買い得車「FS SPECIAL」、「L SPECIAL 」、ネスタ「GS SPECIAL」が発売されました。

また、この時に「FSリミテッド(Limited)」も発売され、こちらにはスポーティタイプのフロントグリル、カラードバンパー、カラードサイドスポイラー、濃色ガラス、電動リモコンドアミラーなど、スポーティな外観と充実の装備内容となっています。

2003年6月
よりスポーツイメージを高めた「RSリミテッド(Limited)」「LSリミテッド(Limited)」ミントグリーンやエアリーブルーという2色を展開し、インテリアもカスタードイエローの専用シートを装備するなどした「L SPECIAL COLOR SELECTION」が発売されました。

今回の変更で「RSリミテッド」はゴールド塗装の専用14インチアルミホイール、メタリック塗装のメーター、ダークブルーのシート表皮などに変えられ、[LSリミテッド」にはハイマウントストップランプ
内蔵大型ルーフスポイラーをはじめ、ブラック塗装のアルミホイール、アルミパッド付きスポーツペダル、革巻ハンドルなどが装備されています。

「L SPECIAL COLOR SELECTION」は装備面に変更はなく、フロントのウィンカーランプがクリアタイプになるほか、カスタードイエローの専用センターパネル&シートとなります。

2004年1月
これまでの車種構成を全面的に見直し、ワゴンの「F」と商用(バン)タイプの「A」という2車種のみの構成となりました。

2004年6月
バンパーデザインの変更やルーフスポイラーが採用された「FタイプS」が特別仕様車として発売されました。スポーティな外観とともに集中ドアロック、パワーウインドウ、シートリフターなど、使い勝手も向上されています。

2005年1月
4気筒SOHCマイルドチャージエンジンとi-CVTを搭載し、ABS、Wエアバッグ、アンサーバック機能付リモコンドアロック、フォグランプなど、充実した装備の「L」が発売されました。

また、「F」をベースに赤外線式リモコンドアロック、パワーウインドウ、電動リモコンドアミラー、フルホイールキャップ、CDオーディオが装備された「Fリミテッド(Limited)」も特別仕様車として発売されています。

2005年5月
1月に新しく発売された「L」をベースにスポーティバンパーやフォグライト、13インチアルミホイール、ルーフスポイラーなどが装備された「LタイプS」が発売されました。
もともと「L」が持つABSやWエアバッグなどの安全装備、マイルドチャージエンジン、i-CVT搭載という快適で上質な走りという高級志向にスポーツイメージをプラスした仕様になっています。

2005年10月
これまで特別仕様車として設定されていた「Fリミテッド(Limited)」「FタイプS」「LタイプS」が標準仕様として、新しくプレオのラインナップに加わりました。

また、この時に自動車の保安基準として新しく設定されたヘッドランプレベライザーが標準装備となり、「タイプSシリーズ」以外のワゴンはインテリアがアイボリー内装となりました。
また、これまでオプション設定だったプライバシー(スモーク)ガラスが「Fリミテッド」の標準装備となり、ハイマウントストップライトが「タイプSシリーズ」と「Fリミテッド」と「F」に、ABSが「FタイプS」に標準装備と変更しています。

2006年5月
「L」「FタイプS」「LタイプS」が廃止され、軽自動車のワゴンは、この年に発表された新型車ステラに移行する形になりました。今回の変更によりワゴンは「F」のみ、その他は商用(バン)タイプの「A」のみという2004年1月の構成に戻っています。

2007年6月
プレオ唯一のワゴン「F」を廃止し、商用(バン)タイプの「A」のみのラインナップとなりました。

ページトップ